10月11日(水) 神戸凌霜午餐会第1513回例会 2017年10月11日

神戸凌霜午餐会第1513回例会

 

日時:平成29年10月11日(水)12時~14

会場:湊川神社「楠公会館」2F 青雲の間

神戸市中央区多聞通3-1-1

TEL078-371-0005 

講師: ㈱ハーフ・センチュリー・モア

    名誉会長 三木 得五郎 氏

演題:「終の住処の賢い選択」 

会費:2500円

講師は昭和36年神戸大学経営学部卒業後、住友銀行に入行。  東京業務部部長代理、銀座支店次長、小阪、梅田北口、堺、新宿、難波支店長を経て、本店支配人。62年㈱ハーフ・センチュリー・モアに移り、代表取締役社長、平成27年名誉会長就任。

 先進国の中で最も高齢化が早い日本。高齢者先進国として医療システムの充実も含め、安心安全な老後を構築するために、世界に発信出来るような施設づくりが求められている。

ハーフ・センチュリー・モアは、1987(昭和62)年、オリンピックグループの創業者金澤富夫氏をアントレプレナーとして、事業の公共性、社会性に鑑み、日本を代表とするような大企業、金融機関を中心に約100社の出資でスタート、現在16施設・入居居室5,000室を超える。「サンシティタワー神戸」は、30年に及ぶ経験や想いを集積し、高齢者先進国日本が世界に誇りうる施設として本年6月オープンした。当日は、終の住まいをどう選べばいいのか、長い経験に培われた知見と「サンシティタワー神戸」での実例などを通して、チェックポイント等についてお話しいただきます。                                   以上

聴講申し込み・お問い合わせ先:一般社団法人 凌霜会 電話078(805)3833・3834へ