神戸大学の学生・同窓生を結ぶサービス kobe-u.com
kobe-u.com - Kobe University Community -
kobe-u.comは神戸大学の学生・卒業生・教職員のためのインターネットサービスです 神戸大学ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです
神戸大学   ⇒
ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです      
コンテンツ
事業会ニュース
学友会
同窓会
同窓会住所変更
サークル
神戸大学就職検索
お医者さん検索
ホームページ制作
会員サービス
入会案内
会員サポート
インフォメーション
お問い合わせ

神戸大学生にメールアドレスを無料開放!

ホームページ制作を引き受けます





SSL グローバルサインのサイトシール
kobe-u.comは、個人情報保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記
   
同窓生ニュース

ここでは神戸大学関連の様々なニュース・トピックスをご紹介しています。

過去の同窓生ニュース一覧  過去の同窓生ニュース一覧がご覧いただけます。
お問い合わせ


 同窓生ニュース: 2009年3月
海事科学部野球部の鎌田実監督(元阪神) (2009.03.31)
レイバンズ、東京で明治大学と対戦 (2009.03.27)
松田晃演さん(1957年経卒)クラシックギターコンサート開かれる (2009.03.26)
前川洋一郎さん(1967年営卒)の編著『カラオケ進化論ーーカラオケはなぜ流行り続けるのか』 (2009.03.25)
河本一郎名誉教授(法)の共著『金融商品取引法読本』刊行 (2009.03.24)
須藤健一教授(国際文化)が、4月から国立民族学博物館館長に就任 (2009.03.23)
神戸大が兵庫県立柏原病院を支援する協定を結ぶ (2009.03.19)
グラミン銀行ムハマド・ユヌス総裁に名誉博士号 (2009.03.18)
一海知義名誉教授(教養)が加藤周一さんを追想 (2009.03.17)
3月4日付日経紙「交遊抄」欄にチップワンストップ高乗正行社長(1993年理卒)が登場 (2009.03.16)
地主敏樹教授(経)が「経済セミナー」(2・3月合併号)に寄稿 (2009.03.13)
元兵庫県職員の黒田達雄さん(1972年工卒)が、建築作品集を出版 (2009.03.12)
NPO法人企業ミュージアムの協会が、「企業ミユージアム社会貢献コンテスト」の募集を開始 (2009.03.11)
沖幸子さん(1969年教)の新著『生活美人』 (2009.03.10)
神戸大学で医工連携、手術訓練用脳モデルで硬さ・くも膜・血管などを再現 (2009.03.09)
南輝子さん(1967年文卒)の個展が、ギャラリー島田で開催 (2009.03.06)
保田茂名誉教授(農)、日本の第一次産業の展望を語る (2009.03.05)
長田貴仁准教授(営)の新著『増補新版 パナソニック ウェイ』 (2009.03.04)
イラストレーター池田暁子さん(1992年教卒)の新著『「あと5キロ」をやっつけろ!! 池田のダイエット大作戦』 (2009.03.03)
24件中神戸大学から3件、2008年度日本経済研究奨励財団からの奨励金 (2009.03.02)
24件中神戸大学から3件、2008年度日本経済研究奨励財団からの奨励金(2009.03.02)

日本経済研究奨励財団(館龍一郎理事長)が、2008年度奨励金の交付対象24件(交付金額計1000万円)を決めた。同財団は有力企業と日本経済新聞社が設立、経済学とその関連分野の研究奨励などを行っている。52件の申請の中から、大山道広東洋大学教授を委員長とする審査委員会が選考した。神戸大学からは、以下の3件が対象となった(2月22日、日経)。なお、昨年度は、岩壷健太郎経済学研究科准教授、宮尾龍蔵経済経営研究所教授の研究が奨励金交付の対象となっている。

・入谷純 神戸大学大学院経済学研究科教授
 社会的選択理論における代数的方法

・菊池徹 神戸大学大学院経済学研究科准教授
 貿易可能性の国際経済学

・宇南山卓 神戸大学大学院経済学研究科准教授
 高齢化社会における所得と消費ーー資産所得の把握とその合意

【参考】日本経済研究奨励財団
http://www.j-erf.org/kofu.html


イラストレーター池田暁子さん(1992年教卒)の新著『「あと5キロ」をやっつけろ!! 池田のダイエット大作戦』(2009.03.03)


イラストレーターとして活躍中の池田暁子さん(1992年教卒)が、新著『「あと5キロ」をやっつけろ!! 池田のダイエット大作戦』(文藝春秋社、定価(税込)1000 円 )を刊行した。全国の書店で平積みで並んでいる話題の書である。「池田はこうしてペッタンお腹とスリム下半身を手に入れた!?」というキャッチフレーズの本書、池田さんの体重スリム化の実践記録である。巻末には、池田さんが専門家の指導により実行に移したダイエット料理の作り方もでている。

池田暁子(いけだ・きょうこ)さんは、愛媛県立松山東高校卒業して神戸大学へ。1992年、教育学部(現発達科学部)を卒業した。在学中は凌美会に属していた。その後、好きな美術の道へ進みイラストレーターに。本書のほかにも多数の著書がある。『片づけられない女のための こんどこそ!片づける技術』(文藝春秋社)は、韓国・台湾で翻訳書が刊行されている。また、昨年11月15日に東京凌霜クラブで開催された第20回若手の会の「私がイラストレーターになるまで」の講演者でもある。

%E6%B1%A0%E7%94%B0%E6%9A%81%E5%AD%90.gif


長田貴仁准教授(営)の新著『増補新版 パナソニック ウェイ』(2009.03.04)

神戸大学大学院経営学研究科の長田貴仁(おさだ・たかひと)准教授による『増補新版 パナソニック ウェイ』(プレジデント社、1429円+税)が刊行された。

昨年10月1日、松下電器産業は「パナソニック」 (Panasonic) に社名を変更し、ブランドと社名を統一した。 この日、マスコミは「国民的ニュース」として伝えた。 創業者・松下幸之助氏が考案した「松下電器産業」という社名と“National”ブランドは消えた。

本書は2006年2月に上梓された『The Panasonic Way』の増補新版。松下電器産業からパナソニックへの社名変更が、 予想をはるかに上回る大きな社会的関心事になったため、社名変更の翌月に当たる12月16日付で緊急出版されたもの。

長田准教授が本書を執筆中の2008年11月1日「パナソニック の三洋電機買収(方針)のニュースが流れる。今般の増補新版では、14章に三洋電機関連の項目が入っている。海外戦略、ソニーやトヨタとの比較等多面的なアプローチが興味深い。巻末には、事項、企業名、人名等の索引があり便利。

『増補新版 パナソニック ウェイ』
%E3%83%91%E3%83%8A.jpg

【参考】『The Panasonic Way』
%E3%83%91%E3%83%8A%EF%BC%88%E6%97%A7%EF%BC%89.jpg


保田茂名誉教授(農)、日本の第一次産業の展望を語る(2009.03.05)

保田茂(やすだ・しげる)名誉教授(農)が、2月27日付神戸新聞コラム「インタビュー 私の観点」に登場、日本の第一次産業の展望を語っている。

衰退する一方だった日本の第一次産業。最近は、”新たな局面”を迎えているといえよう。これには、世界的な金融危機の影響で、トヨタやソニーなど日本を代表するメーカーが相次いで赤字転落の見通し、派遣切りなど雇用不安等の背景がある。農林水産業を志す人が増え、食の安全への関心から無農薬栽培や国産農作物の需要も伸びてきている。

保田名誉教授は「十年まえに、大量生産時代は終わっていた。融資先に困り、銀行が合併していったのがいい例だ。今後は海外に売る商品もなくなり外貨が稼げない。これまで日本は、輸出で外貨を稼ぎ食料を輸入していたが、今後、食料は輸入に頼れないだろう。価格も長期的には上昇するのではないか。日本は自国で食料を生産する必要がある。農業が中心となる時代がくる」と、日本の農業の展望を語る。

また、「進学や就職など、日本人は競争の訓練を受けてきたが、助け合う訓練はしてこなかった。命を支え合う関係が大切だ。消費者が産地の農作物を購入し、産地を支える”産消提携”を重視する価値観を持つことだ」と日本人の心の持ち方の転換に関しても言及していた。


南輝子さん(1967年文卒)の個展が、ギャラリー島田で開催(2009.03.06)

「南輝子展」が、3月28日(土)から4月2日(木)まで、ギャラリー島田(神戸市中央区山本通2-4-24)で開催される。これは、板橋文夫MIX DYNAMITE TRIO『DO SOMETHING!-神戸からの祈り』(CD)を南輝子さん(1967年文卒)がプロデュースした記念として開催されるもの。「DO SOMETHING! から WE INSIST! へ」のキャッチフレーズが付されている。このイベントに関して、ギャラリー島田の代表である島田誠(1966年営卒)さんは、次のようなコメントを寄せている。

太陽や水の恵みを受けて大地がはぐくんだ野菜は、艶やかに漲り歌い踊る。そして食されることによって私たちを支える。南輝子はそれらを讃え抱きしめともに踊る。しかし現実はその命の連鎖は断ち切られてきた。南さんと私とジャズピアニスト板橋文夫さんは「Do Something」のメッセージを発してきたが、南さんはそこからもう一歩前へと主張する。「We insist」「われわれは主張する」は1960年、黒人解放運動のときのマックス・ローチのアルバムからきている・・・。

画業ばかりではない。南輝子さんの短歌も、本格的である。1999年神戸新聞文芸「短歌」年間最優秀賞を受賞、2002年に上田三四二賞第1席となった。多才な南さん。ピアニスト板橋文夫さんのCDのプロデュースしたのも、今回が初めてではない。CD「燦燦」は、スイングジャーナル誌五つ星を獲得している。

【参考】ギャラリー島田ホームページ
http://www.gallery-shimada.com/

%E5%8D%97%E8%BC%9D%E5%AD%90.JPG


神戸大学で医工連携、手術訓練用脳モデルで硬さ・くも膜・血管などを再現(2009.03.09)

「神戸大学で医工連携」のタイトルのニュースが、2月23日付日刊工業新聞で報じられている。これは、神戸大学大学院工学研究科の西野孝教授、小寺賢助教らが、医工連携で高分子を用いて脳神経外科手術訓練用の脳モデルを作製したというもの。同紙によると、脳実質の硬さを医師の感覚を元に作製したほか、くも膜、血管などを再現している。患者固有の形状情報を含めた脳モデル作製など、安価で利用できる手術教育・訓練用脳モデルの開発につなげていく。

なお、この脳モデルについては、神戸大大学院医学研究科の甲村英二教授、西神戸医療センターの林成人医師らと共同で開発を進めてきている。脳の体積の大部分を占める脳実質モデルは、ポリウレタンで作製した。さらに、その外部を厚さ50マイクロ~300マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のラテックス皮膜で包み込んでいる。


沖幸子さん(1969年教)の新著『生活美人』(2009.03.10)

フラオグルッペの創業社長である沖幸子さん(1969年教)の新著『生活美人』(PHP文庫、495円+税)が、刊行された。移り変わる四季折々の出来事を大切にする。そして、日本女性が長い歴史の中ではぐくんできた伝統や習慣。これらを毎日の暮らしに、あなたらしい工夫と知恵で取り入れ、楽しむ。これが、本書の主題である”生活美人”である。

「丁寧に生きるだけで、毎日のなんでもない暮らしが、宝石以上に光り輝いて見えるはずです」と沖さんは読者に語りかける。仕事を持つ女性にとって「仕事と家事をどのようにバランスをとるか」は重要な課題。「掃除機の上手な選び方とかけ方」「引越しのノウハウ」「料理のエコ習慣」「簡単アイロンかけ」「自分でできる肌のケア」等々、簡単に実践できる暮らしのヒントを紹介実体験に基づく数々のスキルやノウハウが、ぎっしりと詰まっている。

%E7%94%9F%E6%B4%BB%E7%BE%8E%E4%BA%BA%E3%80%80%E6%B2%96.jpg


NPO法人企業ミュージアムの協会が、「企業ミユージアム社会貢献コンテスト」の募集を開始(2009.03.11)

亀田訓生(かめだ・みちお、1960年営卒)さんが理事長をつとめるNPO法人企業ミュージアムの協会が、「企業ミユージアム社会貢献コンテスト」の募集を開始している。このコンテストは、昨年に続き2回目。昨年同協会が創設10周年を迎えるにあたりスタートしたもの。広く一般市民から社会貢献をしている企業ミュージアムの推薦をしてもらう方式をとる。

応募要領の概要は以下のとおり。

応募期間:2009年1月13日~ 2009年4月10日
応募方法:用紙(所定のものはなく、便箋・レポート用紙等なんでもよい)に以下の項目を記載
①応募者の名前、住所、電話番号  
②推薦するミュージアムの社会貢献テーマ名
③当該ミュージアム(博物館・美術館・記念館等)の名称、所在地
④推薦理由(の秘密等)
⑤出来るだけ推進テーマ関連資料・現品を添付(返却希望はその旨明記)
応募先:下記宛に郵送または宅配便にてご送付下さい
〒565-0855 大阪府吹田市佐竹台3丁目8番3号
NPO法人  企業ミュージアムの協会事務局
TEL06-6872-0969  FAX06-6872-0969

詳細は下記ホームページ参照
http://ss4.inet-osaka.or.jp/~senri/

%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0.jpg
京都機械工具ものづくり技術館(第1回目の受賞対象先)にて
右端が亀田理事長


元兵庫県職員の黒田達雄さん(1972年工卒)が、建築作品集を出版(2009.03.12)

一級建築士黒田達雄さん(1972年工卒)は、兵庫県職員を昨年3月に退職した。黒田さんは、36年間にわたる在職中、県立総合リハビリテーションセンター(神戸市西区)、県立三田祥雲館高(三田市)など数多くの施設を手がけた。黒田さんの設計作品は数々の賞を受けている。今般、黒田さんは在職中に設計した県施設を写真集『黒田達雄建築作品集』にまとめて出版した。

3月11日付神戸新聞によると「自分を育ててくれた建物の記録を残したい」というのが出版の動機だ。写真集『黒田達雄建築作品集』(定価3000円、送料500円)に関する問い合わせ先は黒田達雄建築研究所(下記)まで。

http://www.tatsuo-kuroda.com/

%E4%B8%89%E7%94%B0%E7%A5%A5%E9%9B%B2%E9%A4%A8%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%83%BB%E6%B1%A0%E5%BB%BB%E3%82%8A%E5%9B%9E%E5%BB%8A.JPG
兵庫県立三田祥雲高校

%E8%A5%BF%E6%92%AD%E7%A3%A8%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E7%97%85%E9%99%A2%E3%80%81%E6%AD%A3%E9%9D%A2%E8%BB%8A%E5%AF%84.jpg
西播磨リハビリ病院、正面車寄


地主敏樹教授(経)が「経済セミナー」(2・3月合併号)に寄稿(2009.03.13)

地主敏樹教授(経)が、日本評論社が発行する「経済セミナー」誌(2・3月合併号、通巻 646号)に「米国の金融危機と政策対応」というタイトルの論文を寄稿している。これは特集記事「世界同時不況の時代」の、一環として寄せられたもの。特集の全体は、以下のとおり。

●特集=世界同時不況の時代
世界金融危機はなぜ起こったか 竹森俊平(慶応義塾大学)
米国の金融危機と政策対応 地主敏樹(神戸大学)
米国金融危機はEUにどう波及したか 小川英治(一橋大学)
新興国を襲った金融危機の津波 門倉貴史(BRIKs経済研究所)
米国金融危機と日本経済の行方 嶋中雄二(三菱UFJ証券)

地主教授は、昨年秋のリーマン破綻以後「アメリカ経済は急速なペースで景況悪化を示している。いまや世界同時不況となり、日本をも巻き込んだこの危機にどう対処するか。オバマ新政権の巨額の景気対策パッケージが効を奏するか、予断を許さない」との現状分析をする。

また、今後のアメリカ経済展望については、「アメリカ国内のエコノミストの予想は驚くほどに楽観的」と指摘する。フィラデルフィア連銀が昨年11月半ばに発表したエコノミスト向けのアンケート結果は、3ヵ月前と比べると顕著に悪化している。にもかかわらず、「今年はマイナス成長になると予想されているものの、第4半期から景気回復が順調になる」というのが大勢を占めている。地主教授は、「日本のバブル崩壊後においても1990年代半ばまでは1年後に景気回復という予想が強く、毎年はずれることを繰り返していたことを想起させられてしまうのは筆者だけではないだろう」とやや皮肉めいた結論をくだしている。

%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg

なお、地主教授は、2月23日付日経紙の「経済教室」欄に登場、金融危機脱出後のアメリカがとるべき金融政策について解説とコメントを寄せている。以下は要旨。

アメリカはドル建てで借金し経常赤字を賄うと共に海外資産を購入してきた。ドル価値が下落すれば、アメリカは債務を実質的に減らすことができる。日本やドイツは敗戦後ハイパーインフレで政府債務を圧縮したが、アメリカもドル価値を下落させたいとの誘惑を持つようになるだろう。しかし、ドルとユーロを除けば、基軸通貨となる通貨が見当たらず、新しい世界通貨を作ることも現実には不可能。そのような現実認識に立てば、アメリカとEUがインフレ目標政策を採用し、かつ協調的に行動する(例えば2%未満のインフレ目標)ことが、望ましいと考えられる。これはある種の複本位制で、第1次と第2次世界大戦の戦間期に英ポンドと米ドルが基軸通貨として並存していた経験を生かすことでもある。


3月4日付日経紙「交遊抄」欄にチップワンストップ高乗正行社長(1993年理卒)が登場(2009.03.16)

3月4日付日経紙最終面に掲載の「交遊抄」欄に、チップワンストップ社長高乗正行(こうじょう・まさゆき、1993年理卒)さんが登場している。タイトルは、「育て「網友会」」。高乗さんは1993年に日商岩井(現双日)入社、情報産業本部に配属された。当時本部長で直接の上司だったのが西村英俊さん。後に双日の社長をつとめた。、猫のような笑顔、しかし怖い上司というのが、西村さんの最初の印象だった。

最近、高乗さんは西村さんの著書『会社は毎日つぶれている』を読んだばかり。昔の上司の指導を受けている気になった。高乗さんたち日商岩井の情報産業部門の仲間たちは、一昨年ゴルフ会「網友会」を発足させた。高乗さんのように独立した人が多く、ゴルフ会のメンバー24人が所属する会社は20社に達している。ちなみに、「網友会」の”網”は、ネットの意味。

高乗正行さんが社長をつとめる株式会社チップワンストップ(英文表記:Chip One Stop, Inc.)は、神奈川県横浜市港北区に本社を置く電子部品・半導体の通販サイト運営会社。2001年に設立された。東証マザーズに上場されている。なお、高乗さんは2004年に経営学研究科を修了した。

%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97.jpg
チップワンストップのホームページから


一海知義名誉教授(教養)が加藤周一さんを追想(2009.03.17)

2月19日付朝日新聞に、中国文学者の一海知義(いっかい・ともよし)名誉教授(教養)による加藤周一さん(1919―2008)を追想する文章が掲載された。

二人の出会いは、20年ほど前のこと。以来時々、中国の詩文についての質問の手紙が加藤さんから一海名誉教授宛来るようになった。数年前、ある座談会の席で、「ぼくは一海通信教育の生徒ですよ」と加藤さんは語ったことがあるそうだ。

ある時、加藤さんに「李白と杜甫と、どちらがお好きですか」とたずねたことがあった。答えは予想通りきわめて明快であった。
「杜甫です。圧倒的に杜甫ですね」と加藤さん。加藤さんは「饒舌」の人、「なぜですか」と聞くまでもなく、その理由を説く言葉が、溢れ出て来きたそうだ。

加藤さんは、私が編集した『一海知義の漢詩道場』(岩波書店、2004年3月/宋代の詩人陸游の詩を読む研究会の詳細な記録)を愛読され、昨年8月、その続編が出た時には、すでに体調をくずされていたが、特別寄稿として一文を寄せて。その文は、「私たち中国古典詩研究者に対する、はげましの言葉でもあった」と一海名誉教授は故人を偲んでいた。


グラミン銀行ムハマド・ユヌス総裁に名誉博士号(2009.03.18)

3月9日、2006年にノーベル平和賞を受賞したグラミン(村落)銀行のムハマド・ユヌス総裁(68)が神戸大学に来訪、名誉博士号を授与された。同総裁のノーベル賞受賞は、農村女性の貧困解消を目指してバングラデシュで無担保融資制度を確立した功績が評価されもの(3月10日付毎日新聞他各紙)。

ユヌス総裁への国内での博士号の授与は上智大、立教大に次いで3校目。神戸大の学生がフィールドワークとして、グラミン銀行の取り組みを同国で学んだことなどが契機となった。

学生ら約160人との対談で、ユヌス総裁は「学歴に関係なく一人一人は無尽蔵の能力を持つが、貧困などが原因で能力を発揮できる社会になっていない」と語った。

%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E9%8A%80%E8%A1%8C.jpg

【参考】神戸大学で開催されたイベント[「ESD シンポジウム イン KOBE」
http://www.kobe-u.ac.jp/info/event/e2009_03_07_01.htm


神戸大が兵庫県立柏原病院を支援する協定を結ぶ(2009.03.19)

3月10日、神戸大学と兵庫県が、医師不足が深刻な丹波市所在の県立柏原(かいばら)病院に対する診療支援や、地域医療について研究を進める「地域医療連携推進事業」に関する協定を結んだ。2009年度から3年間、神戸大学大学院医学研究科の教授ら3人が柏原病院で診察を始める。一方、県も職員を同研究科の兼務教授として派遣し、医療行政の研究に取り組む。井戸敏三兵庫県知事は「地域医療再生のスタートにしたい」と期待している(3月11日付読売)。

柏原病院は丹波地域の中核病院である。6診療科があり、常勤医師は19人。かつて最大14人いた内科医は、04年度に研修医が研修先を自分で選べるようになってから減少し、現在4人になってしまった。医師不足のため、303ある病床のうち、146床しか対応できないのが実情という。

神戸大学医学部の前身は、兵庫県立神戸医科大学。国立に移管され神戸大学医学部となったのが1964年である。それから40年以上の歳月が経過した。今回の協定は、神戸大学医学部の設置の原点(県立神戸医科大学設置が1952年、その前身は1944年設置の神戸医学専門学校)を想起させるものである。

%E6%9F%8F%E5%8E%9F%E7%97%85%E9%99%A2%EF%BD%82.jpg
柏原病院のホームページから


須藤健一教授(国際文化)が、4月から国立民族学博物館館長に就任(2009.03.23)

須藤健一教授(国際文化)が、この4月から国立民族学博物館(民博)の館長に就任する。民博の創設から35年の歳月が経過した。初代館長は梅棹忠夫氏であった。須藤教授は、6年間館長をつとめた松園万亀雄に続く5代目の館長である。

須藤教授(1946年生まれ)は、国立民族学博物館第1研究部助教授を経て、1993年に神戸大学国際文化学部教授に就任した。専攻は文化人類学。『母系社会の構造 サンゴ礁の島々の民族誌』(1989年、紀伊国屋書店)、『オセアニアの人類学 海外移住・民主化・伝統の政治』(2008年、風響社)等の著書がある。


3月18日付日本経済新聞(@関西のページ)には、4月からの新館長に対して、「民博、もっと自由に面白く」との注文が付けられている。執筆しているのは、同紙編集委員の中沢義則氏。同氏の民博に関する印象派「まじめすぎて、何だか面白くない」というものである。


%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%B1%E3%81%8F%EF%BD%82.gif
国立民族学博物館ホームページから


河本一郎名誉教授(法)の共著『金融商品取引法読本』刊行(2009.03.24)

河本一郎 (神戸大学名誉教授、日本学士院会員)、大武泰南 (金融証券リサーチ顧問)共著『金融商品取引法読本』が、有斐閣から刊行された。 628ページという大部の書。定価は、4200円+税。

本書は、1993年に初版が出て、その後度々改定された名著『証券取引法読本』を法律改正に伴い改定し、タイトルも新たに出版したものである。金融商品取引法に関わる学生、研究者、実務家必携書。


%E9%87%91%E8%9E%8D%E8%A8%BC%E5%88%B8%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%B3%95%E8%AA%AD%E6%9C%AC.jpg


前川洋一郎さん(1967年営卒)の編著『カラオケ進化論ーーカラオケはなぜ流行り続けるのか』(2009.03.25)

元松下電器産業(パナソニック)取締役である前川洋一郎さん(1967年営卒)の編著『カラオケ進化論ーーカラオケはなぜ流行り続けるのか』が刊行された。出版は廣済堂、定価は1700円+税。本書は、カラオケの歴史、技術はもとより社会風俗、大衆心理等に及ぶカラオケ文化の本。”多面的接近”が、本書の特色である。テーマが多彩でありジャーナリストや学者が執筆に参加、前川さんを含め5人が著者となっている。巻末付録として、カラオケ年表、カラオケ関連文献一覧があり便利。

前川さんは、1944年大阪府の生まれ。現在は関西外国語大学国際言語学部教授・博士(学術)、高知工科大学大学院客員教授、大阪商業大学大学院特別教授のポストにある。組織学会、経営史学会、日本ポピュラー音楽学会等に所属。共著書に『カラオケ文化産業論』(PHP研究所)がある。

%E5%89%8D%E5%B7%9D%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B1%E9%80%B2%E5%8C%96.jpg


松田晃演さん(1957年経卒)クラシックギターコンサート開かれる(2009.03.26)

3月13日、プロのギタリスト松田晃演(まつだ・あきのぶ、1957年経卒)さんによるクラシックギターコンサート(東京公演)が、東京オペラシティリサイタルホール(京王線初台駅下車)で開催された。スペイン国大使館が後援している。今回の使用楽器は、アントニオ・デ・トーレス。

当日の主な演奏曲目は、次のとおり。2回の休憩を挟み2時間半の演奏会を愉しむことができた。

★ Luis Milan Pavanas 1,4,2,6
★ Domenico Scarlatti 2 Sonatas in e + in G
★ Johan Sebastian Bach  Siciliana, Gavotte en Rond
★ Ferndo Sor Gran Solo Op.14
★ Mario Castelnuovo=Tedesco Angelus, Golondrinas,


%E6%9D%BE%E7%94%B0%E3%80%80%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg


レイバンズ、東京で明治大学と対戦(2009.03.27)

神戸大学体育会アメリカンフットボール部チーム Ravensは、4月26日(日)東京・世田谷の八幡山(はちまんやま)グランドで、明治大学チーム Griffinsと対戦する。なお、横浜国立大学との定期戦は、本年は神戸・王子スタジアムで開催される。


■4月26日(日) 明治大学戦@八幡山グラウンド(最寄り駅:京王線・八幡山駅)
 13:00キックオフ
■5月5日(火・祝) 横浜国立大学戦@王子スタジアム
 13:00キックオフ

ravens.jpg

【参考】レイバンズホームページ
http://www.ravens-kobe.com/


海事科学部野球部の鎌田実監督(元阪神)(2009.03.31)

海事科学部野球部の鎌田実監督(元阪神)

3月6日付日経紙夕刊に「元阪神名手が熱血指導」というタイトルのもと神戸大学海事科学部の野球部監督に、元プロ野球の名手が乗り出したニュースが掲載された。鎌田実さん(69)は、阪神、近鉄の二塁手、そしてコーチを歴任した。この2月から阪神大学野球3部リーグ、神戸大海事科学部(旧神戸商船大)の野球部監督に就任した。

1957年に阪神入りした鎌田さんは、“牛若丸”吉田義男さんと組んだ二遊間を守り、当時”史上最高の好守コンビ”と称される。また、バックハンドトスや大根切りのヒット・エンド・ランなど、プロの技も見せた。2002年に故郷淡路島に「淡路KB(鎌田ベースボール)クラブ」を立ち上げ、中学生の硬式野球を指導してきた。

数ある大学スポーツの中で、硬式野球は学部別のチームを認めている。プロ選手も輩出した近大呉工学部や東農大生産学部の野球部は、その例。2003年に神戸大と神戸商船大が合併したとき、ほとんどの運動部は1チームに統合した。しかし、60年の歴史を持つ神戸商船大学野球部は、OBらの熱い思いもあって独自のチームとして存続している。



 
    ホームお問い合わせ
kobe-u.comは神戸学術事業会(神戸大学教職員・卒業生が設立)によって運営されています
2002-2016 (C) kobe-u.com All rights reserved.