神戸大学の学生・同窓生を結ぶサービス kobe-u.com
kobe-u.com - Kobe University Community -
kobe-u.comは神戸大学の学生・卒業生・教職員のためのインターネットサービスです 神戸大学ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです
神戸大学   ⇒
ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです      
コンテンツ
事業会ニュース
学友会
同窓会
同窓会住所変更
サークル
神戸大学就職検索
お医者さん検索
ホームページ制作
会員サービス
入会案内
会員サポート
インフォメーション
お問い合わせ

神戸大学生にメールアドレスを無料開放!

ホームページ制作を引き受けます





SSL グローバルサインのサイトシール
kobe-u.comは、個人情報保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記
   
同窓生ニュース

ここでは神戸大学関連の様々なニュース・トピックスをご紹介しています。

過去の同窓生ニュース一覧  過去の同窓生ニュース一覧がご覧いただけます。
お問い合わせ


 同窓生ニュース: 2010年11月
尼崎市長に稲村和美氏(1998年法学研究科修)38歳女性最年少市長当選 (2010.11.22)
屋代早紀さんの歌集『六甲を恋ふ』 (2010.11.02)
福井県立大学岩瀬泰弘准教授(1976年工卒)の著書『企業価値とリスクキャピタル』 (2010.11.01)
福井県立大学岩瀬泰弘准教授(1976年工卒)の著書『企業価値とリスクキャピタル』(2010.11.01)

富士火災海上保険で人事部長等をつとめ、その後学界に転じた福井県立大学岩瀬泰弘准教授(1976年工卒)が、『企業価値とリスクキャピタル』を、千倉書房から刊行した。定価は、2600円+税。

金融の自由化により銀行、証券、保険の垣根は低くなった。一方、リスクを無視した業容拡大は市場を混乱させる。サブプライムローンに端を発した米国金融危機は証券会社リーマンブラザーズの経営破綻、保険持株会社AIGの巨額損失を引き起こしている。金融市場は世界規模の混乱に陥り、金利の協調引き下げや新たな資本注入が行われている。株価は復調の兆しを見せているものの、本格的な回復には至らず、今や資産の時価会計の凍結まで論議が及んでいる。

リスクが多様化、複雑化する中、金融業会では経営の安定という観点から、あらためて企業価値の在り方が問われている。このことは保険事業も例外ではない。保険事業は金融業界の中でも特異な存在である。そのため企業価値の在り方が大きく異なる。しかしながら保険事業を企業価値の観点、なかでも保険負債をリスクキャピタルの視点から捉えた研究は、日本のみならず世界的に見ても限られている。


%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB.jpg


屋代早紀さんの歌集『六甲を恋ふ』(2010.11.02)

新婚の我にむかひて六甲を誇り語りし夫をただ恋ふ

六甲の霧は冷たく悲しかり夫を恋ひ来しわれを包みて

これらの短歌は、屋代早紀さんの歌集『六甲を恋ふ』(1987年、北羊館)から採録した。屋代早紀さんの夫である屋代信夫さんは、1937年に神戸大学の前身神戸商業大学を卒業した。屋代早紀さんは、歌集の「あとがき」のなかで「主人は結婚早々軍に召されて戦死しました。私のすべてを賭けて嫁いでまいりましただけに、以来四十数年、その無念の想いは消えません」と語っている。

『六甲を恋ふ』の巻末には、屋代信夫さんの神戸商業大学3年先輩の歌人香川進さんが「早紀が戦争で夫をうしない、夫の出征中に生まれた女児をおんなひとりの手で育て挙げたこととは「地中海」同人の知るところである」とのコメントが寄せられている。
香川進さんは、商社マン等としてビジネスの分野で活躍するかたがた、歌誌「地中海」を主宰する歌人(歌会始選者)であった。

ところで、神戸大学百年記念館では、10月26日から11月5日まで戦時下での学生たちの生活を伝える特別展「神戸大学と戦争」が開かれている(下記)。

http://www.kobe-u.ac.jp/hcd/2010/exhibition.htm

こちらは、学業半ばで出征した学生たちに焦点を当てた展示会である。展示品の中には、出征する友へ贈る日章旗の寄せ書きに「生きて帰って来い」と友の無事を心から祈る言葉も。戦時下でありながらも、希望を捨てず真摯に生きた若者の青春メッセージが聞こえてくる。終戦から65年を迎えたのを機に、同校に保存されていた資料や遺族からの寄贈品を展示し、戦時下の青春譜を振り返ろうという企画である。


尼崎市長に稲村和美氏(1998年法学研究科修)38歳女性最年少市長当選(2010.11.22)

任期満了にともなう尼崎市長選が21日投票され無所属新人で前兵庫県会議員の稲村和美氏(38)が他の3氏を破り初当選を果たした。白井文市長に続き2代続けて女性市長が就任するのは全国初めてであり、女性市長では全国最年少。
稲村氏は退任を表明した白井市長から実質的な後継指名を受け、白井市長も駅前でマイクを握り声援した。白井市長の退任表明直後立候補を表明した。立候補に当っては長女(5)の育児中でもあり悩んだが、白井市長を支えた経験から「8年間の改革の取り組みをしっかり引き継がなければならない」と決意した。

稲村和美(1972年11月10日生まれ)
 1992年 神戸大学法学部入学
 1995年 阪神・淡路大震災 避難所ボランティアが原体験となる。
      神戸大学総合ボランティアセンターを設立。初代代表。
 1998年 神戸大学大学院法学研究科修士課程修了
      神栄石野証券(現SMBCフレンド証券)
 2002年 同社を退職
      白井文尼崎市長選挙 事務局スタッフ
 2003年 兵庫県会議員選挙に尼崎選挙区から立候補し当選
 2010年 10月7日県会議員辞職

clip_image001.jpg



 
    ホームお問い合わせ
kobe-u.comは神戸学術事業会(神戸大学教職員・卒業生が設立)によって運営されています
2002-2016 (C) kobe-u.com All rights reserved.