3月14日(水) 神戸凌霜午餐会第1518回例会 2018年03月14日

        神戸凌霜午餐会第1518回例会

 

日時:平成30年3月14日(水)12時~14時

会場:湊川神社「楠公会館」2F 青雲の間

   神戸市中央区多聞通3-1-1

   TEL:078-371-0005

講師:神戸低侵襲がん医療センター院長   藤井 正彦 氏

演題:「がんを切らずに治す~神戸低侵襲がん医療センターの5年~」

会費:2500円

講師は1957年生まれ。82年神戸大学医学部卒業後、同医学部放射線医学教室に入局後、医学部付属病院、県立がんセンターなどで研修。89年米エモリー大学に留学した後、91年から三木市民病院に勤務。2000年から2012年まで神戸大学医学部放射線科の講師、准教授として、臨床、教育、研究に携わり、2013年より神戸低侵襲がん医療センター理事長兼病院長として現在に至る。

専門はMRIなどの画像診断と肝がんのカテーテル治療ですが、放射線治療の経験もあり、放射線医学全般に精通しています。

講演では、「小さく見つけてやさしく治す」という病院の基本理念に沿って、がんの早期診断と高精度の放射線治療を中心とする低侵襲がん治療について、専門的な内容を出来るだけ分かりやすい形で解説していただきます。

奮ってのご参加をお待ちしております。

 聴講申し込み・お問い合わせ先:一般社団法人 凌霜会 電話078(805)3833・3834へ

以上