6月13日(水) 神戸凌霜午餐会第1521回例会 2018年06月13日

神戸凌霜午餐会第1521回例会

日時:平成30年6月13日(水)12時~14時

会場:湊川神社「楠公会館」2F  青雲の間  

講師:神戸大学名誉教授

           奈良県立大学名誉教授

        神木 哲男 氏

演題:「神戸開港150年 神戸今昔物語」

会費:2500円               

講師は神戸大学経済学部卒業(昭和34年)、同大学院経済学研究科修士課程修了(昭和36年)専門は日本経済史、中・近世の海運史、神戸の近代史、神戸外国人居留地の歴史、地域史・地域学など。

神戸大学経済学部助手、講師、助教授、教授を経て、平成6年11月経済学部長、平成9年2月副学長、平成10年3月神戸大学を定年退官。この間コロンビア大学、ワシントン大学、オ-ストラリア国立大学などの客員研究員として海外研究に従事。

主な著書は「日本中世商品流通史論」(有斐閣昭和55年)「神戸居留地の3/4世紀」(崎山昌廣と共編著、神戸新聞総合出版センター平成6年)「改訂版神戸学検定 公式テキスト神戸学」(監修)(神戸新聞総合出版センター平成24年)など多数。

 1868年1月1日、神戸は開港し、外国人居留地が設定され、多くの外国人が来神しました。彼らを中心に神戸の都市化がスタートして150年。この間の歴史を紐解きながら、貿易、産業発展、都市形成、教育、生活文化形成などいくつかのトピックスを取り上げ、現在にいたる都市・神戸の特徴を明らかにしたいと思います。

奮ってのご参加をお待ちしております。

 聴講申し込み・お問い合わせ先:一般社団法人 凌霜会 電話078(805)3833・3834へ

            以上